2017年5月26日金曜日

草間彌生展

あわただしく過ごすうちに とうとう見逃してしまった。どうも生来のつむじ曲がりが評判になりすぎた展覧会を斜に捉えすぎていたようで反省している。実は草間ファンなのである。
ニューヨーク時代のソフトスカルプチャーやドットの作品は若い頃から「いいな」と思っていた。浪人時代 鎌倉の古本屋で60年代の美術手帳をいっぱい買ってそこで彼女に出合った。その頃の作品はまだ、今頃の作品で鑑賞できる楽しさのようなものは感じなかったけど 心にぐっと来た。ミシンで夜中 例の突起物を縫っていたという記事だったかなー。(白黒の小さな写真だったから余計にドキュメンタリックで辛口な印象であった。)
インタビューなどで堂々と自分を「前衛芸術家」と呼んでいて なんか気持ちいいな。
彼女の手記のようなものが朝日新聞に十回ほど掲載されていて、興味深く読ませてもらった。彼女はご存知のように若くから統合失調症のような病に悩まされていた。それに立ち向かうことと、”社会性”=日本的には普通であること への無限のプレッシャーと戦い続けていたと思う。
ニューヨークに行くことで少なくとも日本的な社会性からの解放はあっただろうな。それから 実に素直な人だから 周りのすばらしい人たちから「前衛芸術家」なんだから社会性なんかいらないよ、と言ってもらえたのじゃないかな。
でもでも、疲れて果てて73年には日本に戻ってきているようです。(このころどんな活動していたのか興味がある・・・)
80年代のバブルの頃は 長野県駒ケ根の美術館で作品をたくさん集めていたので、私は後によく見に行きました。「社会のことなんか関係ないよ!」といった印象がなんとも小気味よかったな。*芸術は自分を守るもの。*やっぱり一生かけて戦っていたテーマは 「前衛芸術家」にふさわしく説得力がある。この頃の作品の楽しさは 若い頃の魂の叫びが根底にあるから フワフワしてないんだろうな。しっかりと私たち伝わる。
ああ、展覧会行きたかった。



2017年5月12日金曜日

メキシコチアパスの画家たち展 in Yokohama

横浜の神奈川県民ホールで開催されていたチアパスの画家たち展は昨日で終了しました。多くの方にご来場いただいた模様で大変うれしく思いました。(但し提携展として横浜石川町の岩崎ミュージアムでの同名展覧会は21日まで開かれています。)私たちのグループは一昨年メキシコのチアパスに住む日本人画家花藤章氏とそのメキシコ人画家仲間との交流をつづけ、今回日本にお招きすることになり この展覧会が実現したわけです。
私はメキシコに行けなかったので、メキシコの方々とは初めての対面になりました。花藤氏は42年前にメキシコに渡り画家としてやって来られた方なので見た目以上に日本語が通じました。そのことを言うと「日本人ですよ・・」と照れていました。素朴で純真な人柄に触れた気がして、ぜひ機会があれば私も当地を訪れたい気になりました。
また、一緒に来日した作家の一人はマヤの部族の血を継ぐ人がいてなんとも魅力的な絵を展示してくれました。部分の写真をアップしておきます。美術の技術には興味がなく伝えたいことを素直に描いていていいなと思わず言ってしまいました。

2017年4月21日金曜日

ゴールデンウィークは地元南無展へ

ちょっとばかり寒い日が続く今年の春 でも花は咲きだし小川の水音や鶯の声は「元気出して動き出せ」と言ってるようだ。そうこの季節が迫っている、南無展だ。コメ作りの田んぼと同時期でなにかと難しい時期だが 望んでやっているので黙るしかない。
今村由男氏、土屋智恵さんのいつものメンバーで 新展開ができるか・・
小品20余点の新作を展示します。色面による抽象的な主張のもの、具体的なモチーフを連想されるもの、それから花も去年くらいから手掛けています。
今年は1つの展示室に1作家という形にするそうです。ご期待ください。

2017年4月11日火曜日

Akio Hanafujiとチアパスの画家たち展

いよいよ上記展覧会が開催される。それは私にとり一入な思いですが、まずはこの展覧会を説明します。
”榎本移民120周年を記念して”と格調高く謳い上げているサブタイトルですが 恥ずかしながら私はそのエピソードは知りませんでした。この主催団体代表であり評論家の赤津侃氏によると メキシコの南部にあるチアパスというところは120年前に 明治の政治家榎本武揚による植民があり それがかの地との交流の第一歩であったそうです。
メキシコ・チアパスは近代化と古代マヤ、アステカ文明が混在して 複雑な現代を形成しているようです。そこに45年の暮らす画家花藤氏と留学経験のあるの渡邊久美子さん(この主催団体会長)が既知の友で交流が続き 2年前は「和の心とかたち展」がチアパスの美術館で開催されたのです。私も誘っていただいたが諸事情で作品のみ参加でした。20人近くの日本人作家が当地を訪れ交流を深めあったようです。ーー行きたかった!
そして今度はメキシコの作家たちが日本で展覧会をする運びとなったのです。・・しかし公的な支援は 実に残念ながら日本にはなくて(受けるのがとても困難という意味)四苦八苦となったのです。
昨年秋 韓国珍島で開かれた韓中日美術展に私は参加したが なんと!珍島芸術という組織が全員を招待してくれたのだ!!。帰りの飛行機の中で 知り合った韓国や中国の作家たちを日本にも招待して交流展をしたいとつくづく思ったものだが、日本はそういうところは ほんとにケチで残念だ・・・。
さて、メキシコの方は、チアパス州が支援してくれたりして何とか開催にこぎつけることができた。
そんな中 いくつかの財団の助成金をもらえる可能性があるというので、私たちは手分けして書類作成に奔走した。結果朝日新聞財団から助成を受けることができ、この開催の手助けとなったのだ。私はなれない申請に苦労したので ちょっとばかり うれしさ倍増なのだ。皆さんにぜひとも見に来ていただきたい。
あ、あとは自分の作品だ!

2017年3月26日日曜日

野田哲也展in飯田

野田哲也という作家のコレクターがここ飯田にいるとは知らなかった。版画家北野敏美氏の友人がいっぱい持っていたようで 今回そのコレクション展が開催された。そして驚いた。若い頃よく見て ちょっと気にかかっていた作品群だったのだ。
結婚式の家族写真を白抜きにして人物に名前を記した記録物のような作品だった。そこには情感などなく空っぽの感じで 当時の私は面食らった。そうか、これがヨーロッパで賞を受けた作品なのか・・・
一生懸命作品の内なる意味を見出そうとした思い出がある。
池田満寿夫と同時代の版画家で結構ヒーローだった人なのだ。
芸大浪人だった当時の私には 「芸大を3浪しても入れなかった池田満寿夫がベネツィアで大賞を取った後 芸大に講演に呼ばれ 喜んで行った。」という逸話が聞こえてきてなぜか留飲を下げた思い出がある。しかしその当時そこの芸大で助教授をしていたのが野田氏ということのようだった。今から思えば版画の分野は結構国際化が進んでいたんだな。
さて、野田氏本人の語ってくれたトークショウはとても面白く笑ってしまった。巧みな話し手であった。しかし 昔感じたあの空っぽな不思議感はなくて ほんとに何もないのかも、とも感じてしまった。日記(記録)として放り出された作品の冷たさが魅力なのか・・・。
4月1日加筆ーー
空っぽな不思議観について 若い頃はあまり理解できなかったが、このごろ(40年を経て)少しわかった気がしてきたので それを書いてみます。
海辺で佇む父と幼い娘のシルエット写真を基にしたシルクスクリーン作品を思い出して;写真の風景は海以外は白く切り取られていた。人間の孤独というか寂しさという感じが伝わってきたけど、それ以上に人に対する空虚さ、作品つくりに対する関りの薄さが気になっていた。写真を使うという手法がそう強く感じさせたのだ。あの頃はまだまだパソコンなんかなく もちろん携帯もない。デジタル社会の到来さえ予想できない社会だった。ベトナム戦争が終わり 連合赤軍が世の中を騒がせていた熱い時代だ。人の尊厳みたいなものが 数値で語られる世の中の到来を予感させていたのであろうか?激しい時代の終焉を 無意識のうちに表現していたのだろう。--

2017年3月18日土曜日

創画会70th飯田会場展

地元飯田市出身者と日本画の創画会とは関係が深いらしい。今日から飯田美術博物館にて創画会展が始まった。もちろん館の館長は滝沢具幸画伯でこの開催の肝いりであることは想像に難くない。それから宮島弘道氏は地元でもファンの多い若手のホープだ。彼が評価されてきたころ ほんとに僕たち地元絵描きたちも喜んだものだ。なぜなら彼の絵は結構斬新で京都趣味とは遠く離れていたからだ。・・・日本画も捨てたもんじゃないな・・なんて思わせてくれた。
さて、関係性の話になるが70年前創画会を立ち上げたとき 「みずえ」とか「アトリエ」という美術雑誌の記者で飯田出身の方が(藤本氏と言ったかな?)創立メンバーに協力されたらしい。その頃の写真も展示されていたがなんとも甘ーい時代感が出ていた。
甘ーいとは 何と言ったらいいんだろうか?昭和30年代ころの誰もが一途で 明るい未来が必ず来ることを信じていたような・・・でも実際はまだまだ貧しく 戦前の名残もありつつ 着ている開襟シャツ風の白だけがまぶしい白黒の時代!
あーこの頃 若いアーチストが集まって 世界を変えていくんだとマジで感じて新しいアート集団を作っていくんだった。羨ましい!・・・
今はただただ忙しく 世界を自分たちが変えていくんだなんて 微塵も微塵も考えることなく どこかのルールで生かされているようなーー この実感。
もう 入選とかある美術団体は どうなんだろうか? いや それよりもっと今の社会は どうなんだろうか? そこを考えていくべきだ。

2017年2月21日火曜日

初日の創造展

 現代の創造展としては17回、コンテンポラリーが立ち上がってからは5年目となったこの展覧会だが 大分 古い体質が改まってきたようにも思えてうれしい。
さて、ジャンルについて今回考えてみたい。
例えば日本画と洋画は 何が違うんだろう?
私は昨年韓国の展覧会では日本画としての出品だった。もっと前は豊橋の日本画展に出品したこともある。自分としては日本画でありたいとは思ったことはない。実際は現代の1日本人が描いている絵でしかないし この展覧会ではコンテンポラリーのジャンルだ。
今回のこの展覧会では日本画部門でも 洋画部門でも 工芸部門でも コンテンポラリー部門に展示しても全く違和感のないものが出てきた。(例えばボールペン画など)数年前の選考会では考えられなかった。展示もかなり自由な感じになってきて息ができる。これがもっと自由になってくれば、コンテンポラリー部門なんてあえて存在しなくたっていいのだ。
日本画と洋画も違いも 同様にそうあるわけでもないから分けなくともいいが・・・。
「日本語が歴然と存在するように日本人独自の感性はある。それを守っていかなくてはいけない」という主張がある。日本画ジャンルがあるべきだという主張の根拠だ。
しかし それは抽象画の私が日本画だと言ってもいいことと同じだと感じる。要は日本人が描けば日本画だろう。
ただ、それぞれの時代の生き方(価値観)の違いによるものの見方は違う。中世は神について切り離せない世界観を持っているから絵もそのように神とその信仰が描かれる。近代はそこからの脱却だ。現実世界が大事なのだ。分析的にもなし、3次元の表現も大事となる。私はデッサンばかりしていた浪人時代直後 イタリア、アッシジのジオットを初めてみたとき、その平面的表現に戸惑ってしまった。しかし今はあの空を描いた青の澄んだ感じにはとても深いすがすがしさを感じる。
見る側が 描いた世界にピントを合わせないと見えてこないのだ。
また、私は高校に入ったころ ゴッホをあまり理解できなかった。文学的なストーリーを聞くたびに理解を拒否していたように思う。でも、人間の心の弱さとか優しさとかを考えたりするようになって目が開けた。なんと素晴らしい画家だったんだと。
やはり 見る人間の心に目が育たないと見えてこないのだ。そして絵はその見る人の変化を捉えてくれる。----そこがアートのアートの由縁だ。
見る側の人は見慣れている絵から ちょっと考え方の地平が変化すると「わからない!」と口にしてしまう。だが近代の勉強法しかしていなかった浪人時代の私がジオットに出合ったように、またゴッホの心に触れたように、自分の中の視点が変わる時がある。
平面的だった中世の絵は神と自分の2次元なのだから解釈は正解なのだ。その手法の生まれてきた必然性は歴然としてあるんだ。
近代の絵が立体的なのは現実を何としてでも把握しなければならなかったからで リアリストであるのは当たり前、アカデミックな表現はこのあたりの哲学であろう。
そして現代は 戦争やマネー経済を経験して そのエゲツナキ現実を乗り越えたいのだ。それがコンテンポラリーのテーマと言える。
この時代性は 現代を生きている我々の心中に比率は異なっているが 多かれ少なかれ持っているのだ。①宗教的なもの(=日本画の平面的にまたは色面で描くことにより見る人の精神にうったえる手法)、②現実生活=洋画などで立体的に描く手法、上手い下手の評価がよくされるのでわかりやすい、③そしてその問題意識(=現代画、現実を写す表現から抜け出し 自由な表現を試る。③-❶初期のそれは 自身の心情をいかに画面に表現するかというテーマのため表現主義になったり、画面構成的になったりといろいろだが 重い表現が多い。たぶん今の多くの出展油絵作家たちはこの範疇にいるかな・・。現代の創造展はここらあたりを洋画部門とコンテンポラリー部門の境界にしているので息苦しいような過重感があるのは洋画部門だ。ーー失礼ーー。
③-❷いまの若い表現者たちはもっとアッサリしていて自我の表現を消し去ろうとしたり 別角度で試みようとしている。ヌメーッとした自我意識の虜から抜け出したいのだ。
そこのところを表現する美術(カッコ内で説明したが)は 全く便宜的に、形式的に、手法的に 分けて日本画①、洋画②と③-❶、コンテンポラリー③-❷として鑑賞できるのではないか。・・・しかしながら この展覧会で描かれている内容はみな現代画(=③)とも言えそう:ゆえに「現代の創造展」。
と考えてみた。