2017年3月26日日曜日

野田哲也展in飯田

野田哲也という作家のコレクターがここ飯田にいるとは知らなかった。版画家北野敏美氏の友人がいっぱい持っていたようで 今回そのコレクション展が開催された。そして驚いた。若い頃よく見て ちょっと気にかかっていた作品群だったのだ。
結婚式の家族写真を白抜きにして人物に名前を記した記録物のような作品だった。そこには情感などなく空っぽの感じで 当時の私は面食らった。そうか、これがヨーロッパで賞を受けた作品なのか・・・
一生懸命作品の内なる意味を見出そうとした思い出がある。
池田満寿夫と同時代の版画家で結構ヒーローだった人なのだ。
芸大浪人だった当時の私には 「芸大を3浪しても入れなかった池田満寿夫がベネツィアで大賞を取った後 芸大に講演に呼ばれ 喜んで行った。」という逸話が聞こえてきてなぜか留飲を下げた思い出がある。しかしその当時そこの芸大で助教授をしていたのが野田氏ということのようだった。今から思えば版画の分野は結構国際化が進んでいたんだな。
さて、野田氏本人の語ってくれたトークショウはとても面白く笑ってしまった。巧みな話し手であった。しかし 昔感じたあの空っぽな不思議感はなくて ほんとに何もないのかも、とも感じてしまった。日記(記録)として放り出された作品の冷たさが魅力なのか・・・。

2017年3月18日土曜日

創画会70th飯田会場展

地元飯田市出身者と日本画の創画会とは関係が深いらしい。今日から飯田美術博物館にて創画会展が始まった。もちろん館の館長は滝沢具幸画伯でこの開催の肝いりであることは想像に難くない。それから宮島弘道氏は地元でもファンの多い若手のホープだ。彼が評価されてきたころ ほんとに僕たち地元絵描きたちも喜んだものだ。なぜなら彼の絵は結構斬新で京都趣味とは遠く離れていたからだ。・・・日本画も捨てたもんじゃないな・・なんて思わせてくれた。
さて、関係性の話になるが70年前創画会を立ち上げたとき 「みずえ」とか「アトリエ」という美術雑誌の記者で飯田出身の方が(藤本氏と言ったかな?)創立メンバーに協力されたらしい。その頃の写真も展示されていたがなんとも甘ーい時代感が出ていた。
甘ーいとは 何と言ったらいいんだろうか?昭和30年代ころの誰もが一途で 明るい未来が必ず来ることを信じていたような・・・でも実際はまだまだ貧しく 戦前の名残もありつつ 着ている開襟シャツ風の白だけがまぶしい白黒の時代!
あーこの頃 若いアーチストが集まって 世界を変えていくんだとマジで感じて新しいアート集団を作っていくんだった。羨ましい!・・・
今はただただ忙しく 世界を自分たちが変えていくんだなんて 微塵も微塵も考えることなく どこかのルールで生かされているようなーー この実感。
もう 入選とかある美術団体は どうなんだろうか? いや それよりもっと今の社会は どうなんだろうか? そこを考えていくべきだ。

2017年2月21日火曜日

初日の創造展

 現代の創造展としては17回、コンテンポラリーが立ち上がってからは5年目となったこの展覧会だが 大分 古い体質が改まってきたようにも思えてうれしい。
さて、ジャンルについて今回考えてみたい。
例えば日本画と洋画は 何が違うんだろう?
私は昨年韓国の展覧会では日本画としての出品だった。もっと前は豊橋の日本画展に出品したこともある。自分としては日本画でありたいとは思ったことはない。実際は現代の1日本人が描いている絵でしかないし この展覧会ではコンテンポラリーのジャンルだ。
今回のこの展覧会では日本画部門でも 洋画部門でも 工芸部門でも コンテンポラリー部門に展示しても全く違和感のないものが出てきた。(例えばボールペン画など)数年前の選考会では考えられなかった。展示もかなり自由な感じになってきて息ができる。これがもっと自由になってくれば、コンテンポラリー部門なんてあえて存在しなくたっていいのだ。
日本画と洋画も違いも 同様にそうあるわけでもないから分けなくともいいが・・・。
「日本語が歴然と存在するように日本人独自の感性はある。それを守っていかなくてはいけない」という主張がある。日本画ジャンルがあるべきだという主張の根拠だ。
しかし それは抽象画の私が日本画だと言ってもいいことと同じだと感じる。要は日本人が描けば日本画だろう。
ただ、それぞれの時代の生き方(価値観)の違いによるものの見方は違う。中世は神について切り離せない世界観を持っているから絵もそのように神とその信仰が描かれる。近代はそこからの脱却だ。現実世界が大事なのだ。分析的にもなし、3次元の表現も大事となる。私はデッサンばかりしていた浪人時代直後 イタリア、アッシジのジオットを初めてみたとき、その平面的表現に戸惑ってしまった。しかし今はあの空を描いた青の澄んだ感じにはとても深いすがすがしさを感じる。
見る側が 描いた世界にピントを合わせないと見えてこないのだ。
また、私は高校に入ったころ ゴッホをあまり理解できなかった。文学的なストーリーを聞くたびに理解を拒否していたように思う。でも、人間の心の弱さとか優しさとかを考えたりするようになって目が開けた。なんと素晴らしい画家だったんだと。
やはり 見る人間の心に目が育たないと見えてこないのだ。そして絵はその見る人の変化を捉えてくれる。----そこがアートのアートの由縁だ。
見る側の人は見慣れている絵から ちょっと考え方の地平が変化すると「わからない!」と口にしてしまう。だが近代の勉強法しかしていなかった浪人時代の私がジオットに出合ったように、またゴッホの心に触れたように、自分の中の視点が変わる時がある。
平面的だった中世の絵は神と自分の2次元なのだから解釈は正解なのだ。その手法の生まれてきた必然性は歴然としてあるんだ。
近代の絵が立体的なのは現実を何としてでも把握しなければならなかったからで リアリストであるのは当たり前、アカデミックな表現はこのあたりの哲学であろう。
そして現代は 戦争やマネー経済を経験して そのエゲツナキ現実を乗り越えたいのだ。それがコンテンポラリーのテーマと言える。
この時代性は 現代を生きている我々の心中に比率は異なっているが 多かれ少なかれ持っているのだ。①宗教的なもの(=日本画の平面的にまたは色面で描くことにより見る人の精神にうったえる手法)、②現実生活=洋画などで立体的に描く手法、上手い下手の評価がよくされるのでわかりやすい、③そしてその問題意識(=現代画、現実を写す表現から抜け出し 自由な表現を試る。③-❶初期のそれは 自身の心情をいかに画面に表現するかというテーマのため表現主義になったり、画面構成的になったりといろいろだが 重い表現が多い。たぶん今の多くの出展油絵作家たちはこの範疇にいるかな・・。現代の創造展はここらあたりを洋画部門とコンテンポラリー部門の境界にしているので息苦しいような過重感があるのは洋画部門だ。ーー失礼ーー。
③-❷いまの若い表現者たちはもっとアッサリしていて自我の表現を消し去ろうとしたり 別角度で試みようとしている。ヌメーッとした自我意識の虜から抜け出したいのだ。
そこのところを表現する美術(カッコ内で説明したが)は 全く便宜的に、形式的に、手法的に 分けて日本画①、洋画②と③-❶、コンテンポラリー③-❷として鑑賞できるのではないか。・・・しかしながら この展覧会で描かれている内容はみな現代画(=③)とも言えそう:ゆえに「現代の創造展」。
と考えてみた。









2017年2月18日土曜日

第17回現代の創造展

もう17回となる現代の創造展、地元の下伊那、飯田では最大の美術総合展である。今年も150人もの参加作家を得 明日からオープンとなる。
私たちの世代がいよいよ中心となって運営していく組織となってきた。一昔前の権威主義もだいぶ薄れてきたと思うが まだまだ自由な雰囲気の展覧会にはなっていない。それには 初心者層への指導が未だに師匠の弟子への教え的であるかもしれません。ある段階で対等の人間同士というリスペクトの関係が生まれないまま 形だけが生き続けてしまう。
この展覧会はそんな関係を引きずったものを早く断ち切っていきたいと私は願っている。

2017年2月7日火曜日

久しぶりの墓参

以前にも書いたことがあるが イタリア時代の絵の友人でしばらく前に亡くなった奴がいる。何と表現していいのか・・とにかく戦うことの嫌いな彼だった。だからだろうか彼はとても周りから好かれていたし 私もその一人だった。不思議なくらい人とは競わないから、最初会ったころは「どうやって生きていくんだろう」と不思議でならなかった。
ギター好きで、酒好きで、お人好し、彼のペルージアのアパートはいつも人でにぎやかだった。(日本人ばかりで 彼はなかなかイタリア語が上手くならなかった。)
やがて仕送りが終わり 日本に戻ってきた彼は だんだん悲しい運命に引き寄せられていった。夢のようなイタリアでの暮らしから 日本の厳しい現実の暮らしへの変換は 競う心を持ちたがらない彼には 苦しみを募らせずにはいられなかった。酒に癒しを求めた。写真はそのころ描いた彼の絵、心の痛みが伝わる・・・
私は飯田に住み、彼は佐倉だったので そう頻繁には会えなかったが よく日曜の夜 遅い時間に電話がかかってきたものだ。「また飲もう。」と言って切ったが長い電話はいつも酔っていたのであろう。もう一歩がんばれと周りは言ったが 最後は肝硬変で逝ってしまった。
確かに「弱い」と一言で言ってしまえばそれまでだが 我々日本の社会がだんだん人間を狭量にしていることにも気づき 手を打つべきだ。引きこもりや自殺は寛容さが社会にないからだ。一つの価値観で人を篩いにかけ ある意味の差別をしているではないか・・。
墓石を前に彼の葬式のことを思い出した。家族は密葬にする予定であったが 大変な数(20~30人)の友人が通夜から押しかけ、あげく家に容れきれなくなった。しかたなく彼の行きつけの飲み屋さんに行き 朝まで飲み、彼を偲んだのだった。
世には立派な葬式がたくさんあるだろうが あんな心のこもった葬式はほかになかったなと思い出し、ある意味幸せな人生だったのかもしれないと 今は言える。
墓石には平成14年1月16日没とあった。そうかもう15年なのか・・・合掌



2017年1月29日日曜日

大学受験の季節

もうとっくにこの感覚は忘れていた。そんな折 高校時代の美術班2年先輩の展覧会(陶芸家の奥様と二人展)があった。高1の時 私はその先輩の絵を長野県展で見て「あゝいい絵だな」と印象があったので、その後どうされているのか 気になっていた。
 複雑な想いが残ったと言っていいのだろうか、彼は(私も同じように歩んだが)芸大浪人を何年も苦しみ その後心機一転教育者として成功をおさめられたのだった。今は陶芸を楽しみながら奥様のアートを応援しているようであった。
 --- [過去のことを忘れることがあっても、「今」ある私は過去の積み重ね これからの人生は、「今」という瞬間の積み重ね そして、「今」の生き方はこれからの人生を変える力を持っている]---
このようにチラシには書かれていた。 
会場一部に飾られていた十数枚の石膏デッサンは十代後半から二十歳頃に描かれたもので素晴らしいできのものだった。おそらく当時の予備校のポスターになったであろうくらいの作品群だ。・・・正直 私はあの頃の先の見えない 寄る辺のない芸大受験生の暮らしを思い出さずにはいられなかった。忘れていた疼きだった。
高校のころ見た才能は 並々ならぬ努力を経てこれらのデッサンになっていたのであろう。・・・
ただ 私はあのころ考えていた。「このようなデッサンの勉強が自分のアートの道にどう繋がっていくのだろうか」と。そして 私をしてイタリアに行かせた。デッサンの達人の次はどうなるのか?その頃の芸大にどうみても答えはなかったのだ。
彼は達人となったが、運も悪かった。病気で受験生を続けることもできず、絵描きの道を 一先ず断念した。(先輩はその後その深い体験を糧に 素晴らしい教育者となられたことには 敬意を示さずにはいられないし、これからその道に再び向かうかもしれない。)
あのころ、たしか3000人の受験生がいて 合格は40人だったかな。運の悪い人も出てきてもおかしくない・・・
あの時 俺たちは、 ほんとは権威主義からもっともっと自由になって、美術をもっと広く捉えているべきだった。そうすれば若い感性はアートをもっと人間や社会に結び付け考えることができ いい作家がもっとたくさん誕生しただろう。修行を経なければたどり着けない道だけがアートじゃないと思うし 優しさは暮らしの些細な中にもあるはずだ。一般の人ももっと美術が生活の中に入って 今の不寛容な社会を変えたかもしれない。そう出来得なかったのだ。
あの45年前に見た優しい感じの絵が 復活すると信じる。


2017年1月13日金曜日

雪中に仕事部屋にとどまる

二~三日前から天気予報が怪しくなってきたと思ったら 今日は雪だ。去年の11月の終わりに降ってから ずっと天気が良かったのになんとも残念なことになってきた。
娘は明日がセンター試験なのでひと際ボヤいていた。どうもこの降り方では積もるかもしれないな。
実は私も 赤津侃氏企画による第2回「絵画と平面の現代と未来展」に参加のため 明日銀座に向かう予定だった。しかしこれでは行かないことが正しい。
去年もこの時期 銀座のグループ展に参加していて 雪に混乱させられた。
会期の早朝 中央高速バスのバス停で絵を抱えて待っていると 雪がだんだん強くなってきた。天気予報は山梨方面山地が雪になるだろうとのことであったが まさか中央高速が不通になるなんて考えもしなかった。バス会社の方がわざわざバス停まで来てそのことを待っている私たちに告げたのだった。
その展覧会の私のスペースは空っぽだ。何としてでも行かなくてはならない・・・
車で諏訪まで行ってその後電車という手を考えたが 途中で電車も不通になったというニュースをきいた。むー・・
しかたなく飯田のバスセンターに引き返すと名古屋行のバスはまだ動いているという。そうだ、新幹線でいこう。そうして、バスに飛び乗り 何とか見通しをつけたのだった。バスの中から家に電話をすると 妻が「いったいどこにいるの!?」とびっくりしていた。幸い昼過ぎにギャラリーについて事なきをえたが 一体いくらかかっただろうか・・・
そんな経験から 明日はストーブを抱え 仕事部屋で 絵を描くことにした。予定通り着くかわからぬが 絵は宅急便で送ってしまおう。